齋藤 帆奈

卒制アップ
metaphorest > RESIDENTS > Current Members > 齋藤 帆奈

齋藤帆奈  Hanna Saito

1988年生。2012年多摩美術大学工芸学科ガラスコース卒業。

 

 artworks

 

Man made cocoons(2012~)

 ホウ硅酸ガラス、花弁、虫の死骸等の有機物

cocoons2

cocoons1

 

高レベル放射性廃棄物のガラス固化体によってあたかも実証されているかのような、ホウ硅酸ガラスの永遠性によって、自然の 循環の鎖を切り離す。 

ホウ硅酸ガラスは、通常のソーダライムガラスに比べて熱膨張係数が低く、化学薬品に強い。いわゆる耐熱ガラスである。

この ような特性を買われて、放射性廃棄物の処理にも使用される。原子力発電所で燃料として使われたウランとプルトニウムを回収 し、さらに再利用した後の廃液・核分裂生成物等を含む放射性廃液を、ホウケイ酸ガラスに混ぜ込み、密封して処理するのだ。ガラス固化体と呼ばれるこの廃棄物は、数十万年~1億年もの間地下で保管することが想定されている。

だが、当然ながらこの間の 人の生活様式の変化やそもそも人類が数十万年後も存続しているかどうかは、まったく予測不可能である。 

この工学理論的に予測される巨視的時間単位を、芸術の伝統において永遠性が重用視されるのと同じ構造で捉え、「永遠性」が 保証されたと見る。ガラスの中の有機物は、「制作者」の理念の上では「永遠に閉じこめられる」。 しかし実際には、意図しないなんらかの不測の事態によって、割れてしまうかもしれない。それは作品の破壊、理念の破綻だ が、ガラス球にとじこめられた有機物が土に還る、つまり地球上での循環のサイクルの中に戻るという意味においては再生であ り、希望である。

Eternity of borosilicate glass, which has been demonstrated by highly radioactive waste to be embedded inside this material, disconnects a chain of natural circulation.

Borosilicate glass has a lower thermal expansion coefficient than that of the soda lime glass, and thus, is so-called “heat-resistant glass”. This characteristic enables us to enclose radioactive waste, including the waste-fission products, within borosilicate glass, which has been supposed to be stored for several million years under ground. However, it is almost impossible to predict how human lifestyle will change and more seriously if the human would survive so long.

Such structure of the macroscopic time supported by engineering would be taken to be same as eternity in the tradition of art. Organic matter in this artwork is being trapped forever within the glassware from the ideal view of the “producer”. However, in practice, it might crack based on some unforeseen accidents, which is utterly destructive to the artwork, results in failure of the idea. Nevertheless, it means the organic matters trapped in the glass sphere will be returned to the soil/earth. In other words, they will be back into open circulation on the planet, which can be also considered to be regeneration and hope. Such relationship between idea and reality is the subject of my work.

分類表

分類

オントロジカルメタファー

carboncycle

 

 

Blue-blue green is green(2013)

ホウ硅酸ガラス、藍藻(シアノバクテリア)、シリコンチューブ等

blueblue2

「青」は旧来緑色の色相範囲も指す言葉だった。この使い方は、新鮮な植物や、活き活きとした緑を指す慣用句の「青々」という言葉に残っている。日本語における「緑」と「青」の境界は曖昧なのだ。これに対して英語の「Green」は芽吹きや熟していない果実が起源となり、指す色相は、より黄色の範囲に近い。「Green」は「緑色」を指す形容詞だが、日本語の「緑」と同じく青物野菜や、緑地を指す名詞としても機能する。

 

この名詞としての用法は日本語においても「グリーン」という外来語として用いられ、整備された都市の植え込みや、よく手入れされた観葉植物など、「緑」や「青」とはまた違った都会的な植物のイメージをもたらしている。

 

「新鮮な緑」という意味を指す言語表現として、「青々としたグリーン」は用法を間違っているわけではない。しかし、本来の「green」の指す色相は黄色に近く、この意味で「青々としたグリーン」は矛盾した表現であるとも言える。それでいて、青々としたグリーンという用法は、より一層「緑である」ということを表現している。

 

本物の「緑」は、存在するのだろうか?

 

文字の形に曲げられたガラス管の中を流れるのは、最も古くから植物の緑色の原因物質である葉緑体を持っていたとされる、シアノバクテリアである。シアノバクテリアは、文字の中を流れながら徐々に増殖し、最初はほとんど透明にしか見えなかった文字を緑色に染上げていくだろう。

 

“Blue” is called “ao (青)” in Japanese. “Ao” had been used to mean the whole spectrum of cold colors,including green color hue range.

 

This spectrum still remains in the idiom “ao-ao”  meaning vivid green, such as fresh vegetable. These days, “green” is called “midori (緑)” in Japanese, while a border between “midori (green)” and “ao (blue)” is fuzzy.

 In contrast, in English, origin of the word, “green”,means like unripe fruits and growing sprouts, covering more yellowish color hue range. “Green”‘ is not only an adjective but a noun meaning green vegetables, grass, etc., as is “midori” in Japanese.

 In Japanese context, a noun of “green” is used as a foreign language, as written as “グリーン” to be pronounced as “guriin”.  It sounds an urban impression such as trimmed plantings and foliage plants.

 The glass tube bent in the shape of the Japanese letters,meaning “guriin (green) look of ”ao-ao (青々, blue-blue)” is “midori (緑, green)”.

 This Japanese text emphasizes even more greenish green,while this also looks somehow contradictory, as if it would mix green and blue up in English and Japanese, as described above.

 

Is there a true “green”?

 

In the glass tube cyanobacteria, also known as “blue-green algae”, are floating .

Cyanobacteria contain chlorophyll for photosynthesis, which is shared by higher plants. Thus, ancestral cyanobacteria have been thought to be an origin of “green” chloroplasts in plants.

Cyanobacteria will grow in the glass tubes, and will dye the letters gradually.

blueblue1


blueblue3