石橋 友也

kingyo2
metaphorest > RESIDENTS > Current Members > 石橋 友也

現代における生命観や自然観をテーマに創作活動を行う。

作品

金魚解放運動 (2012~)

 

DM親子_tri_red交配第一世代の金魚が成長したもの(左)とその母

  

ishibashi_3

第二世代までの家系図

 

金魚を可愛いという人がいる。また金魚を奇妙だという人もいる。金魚解放運動の目的は金魚という人工物をフナに改造することによって彼らの「野性」を取り戻すことである。

金魚はフナに出発し、1700年間の品種改良を経て今日の姿を獲得した人工生命体である。彼らは完全に愛玩を目的としてデザインされており、その姿形から彼らの多くは自然環境下で生き抜く力を持たない。そこで彼らの「野性」を取り戻すべく、金魚に逆品種改良を施しフナの姿へと逆行させ、人間の手から解放することを試みる。

金魚に刻まれた美意識と欲望を反転させるこのバイオ政治活動は、我々を再び、かつて繰り広げられた人類と金魚との愛憎劇へと誘うであろう。

 

 

seimeibigakuten

【生命美学展】早稲田大学63号館、2012年10月18日ー28日
水槽と生体を用いたインスタレーション.水槽は家系図状に配置され,
鑑賞者は世代間の変化を間近で観察できる.

 

biomediaart

【バイオメディア・アート展】アキバタマビ21,2013年2月23日ー3月24日
映像インスタレーション.水槽に見立てられ家系図状に配置された3つのディスプレイには
各世代の様子とドキュメンタリー映像が映し出される.

 

 

Revital HgS (2013)

tumblr_static_1_tri3
18世紀まで、鉱物を動植物と同じく生命体の一種として捉える見方が存在していた。錬金術師達は鉱物を原材料に、そこに内在する生命力を操作することで不老不死の霊薬や黄金、あるいは生命体そのものを創りだそうとした。その後生物学の登場とともに鉱物はその生命を失ったが、かつて、彼らは確かに生命を帯びていた。

ここでは現代の生物学実験室において、かつて錬金術師達が夢見た光景の復活を試みた。ここで鉱物に対して施される実験操作は、現代科学の視点から見ればほとんどナンセンスである。しかし、コンタミネーション(試料汚染)や取り違えといった初歩的なミスによって偶発的に得られた実験結果は、我々の能動的な解釈とイマジネーションを通して、再び鉱物にかすかな生命の予感を与える。

ここで用いた鉱石〈辰砂〉は硫化水銀(HgS)からなり、高温で熱することで水銀を取り出せる。水銀は常温で液体として存在する唯一の金属であり、他の金属と結合して様々な物質に変化し、そのあとでも容易に純粋な水銀を取り出せるといった変幻自在な性質を持つ。その不思議な性質から、辰砂は古今東西の錬金術の原材料としてよく用いられた。

 

 

 絵画作品

141009final  仏涅槃図 (2011)

 

img0002チョコレート・ショック(2006)

 

     (左)死んだ動物01(2009)          (右)死んだ動物02(2009年)

 

伝統的な絵画作品から,仏画から,幼き日に観た図鑑から,ネットに漂流する画像から,生命の質感を見つけては,切り出し,変形し,改造し,組み合わせることで,自身の記憶や身体が渾然一体となったイメージを構築している。私はこれを仮に曼荼羅と呼び,制作を続けている。

 

リサーチ

バイオテクノロジーを用いた芸術作品について
近年,遺伝子工学や分子生物学の技術を直接用いたアート作品が世界的に増えつつある。これらは2000年頃から現れ,バイオアート,バイオメディア・アート,バイオロジカル・アートなどと呼ばれている。作品の多くは論争喚起的なもの,倫理的な危うさを前面に押し出したものが多いように見受けられる。20世紀以降の美術が持つ問題提起的な側面と生命操作に共なう危険性との相性の良さから,このような偏りが生まれているものと考えられる。私はこの類のアート作品は,倫理的な問題を取り扱うとともに,分子生物学時代の生命観の探求として,また,生物・生体組織の表現メディアとしての性質・歴史の探求として機能することが望ましいと考えている。

 

 

プロフィール

石橋友也
1990年生まれ。2014年早稲田大学大学院卒業(理工学術院 電気・情報生命専攻)卒業
2011年よりmetaPhorestに参加

受賞
2013 第19回 学生 Campus Genius コンテスト 優秀賞
2014 第18回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 審査委員会推薦作品

展示
2012 生命美学展(早稲田大学63号館)
2013 バイオメディア・アート展(akibatamabi21)
2013 生命美学オープンラボ第二期(NTT インターコミュニケーション・センター)
2013 第19回 学生 Campus Genius Meeting(蔵前 Mirror)
2014 マテリアライジング展Ⅱ(東京藝術大学陳列館)
2014 石橋友也の勝手に回顧展(曼荼羅美術館)
2015  オントロジカル・スニップ展(HIGURE 17-15 cas)
2015  藝術家博覽會(Taipei Expo Park Expo Dome,台湾)
2015  チリ・メディア・アート・ビエンナーレ 文化庁メディア芸術祭企画展(チリ国立美術館,サンティアゴ)